庭のドッグランに必要な設備とは?

自宅の庭にドッグランを作るとき、実際に何を設置したらいいのか分からないという人も多いでしょう。基本的には、フェンス・地面の床材・日よけスペース・水栓設備の4つが必要になるのですが、ここではそれぞれの設備について説明します。

1つ目の「フェンス(または柵)」は、ドッグランを作るときに絶対に必要なものであり、これがないとドッグランとは呼べないとも言えます。ドッグランではリードを外した犬が走り回るので、外に飛び出さないようにすることが必要です。もし急に飛び出したら、愛犬がケガをしたり通りかかった人に迷惑がかかることがあるからです。そのためフェンスの設置は必須なのですが、必要になるフェンスの高さや強度は犬のサイズなどによって違ってくるため、その点に注意しながら選ぶようにしましょう。

2つ目の「地面の床材」は、犬が走りやすく、足にも負担のかからないものを選ぶことが重要になります。良く使われているものとしては、天然芝や人工芝、ウッドチップがあります。天然芝は、見た目もキレイですし犬が走り回るのにとても適していると言えますが、芝刈りや除草などの手間がかかるのが難点だと言えます。その点、人工芝は設置さえすれば手入れの必要がほとんどないので、あまり手間をかけたくない人には人工芝がおすすめです。さらにウッドチップ(木材を細かく砕いたもの)は、クッション性があり犬の足も汚れにくいというメリットがあると言えるでしょう。

3つ目の「日よけスペース」は、夏場などの強い日差しを避けて犬が休憩するためのスペースになります。犬も人間と同じで、日差しの強い場所にずっといるとバテてしまうため、やはり休憩できる場所も必要です。これは日よけが目的なので、屋根で日陰を作るようなもの(犬小屋やサンルームなど)を設置するとよいでしょう。

4つ目の「水栓設備」は、犬の水飲み場や、足を洗う設備として必要になります。ドッグランで走り回ると喉が乾くので水が飲める場所が必要ですし、遊び終わった後に足が洗える設備があればとても便利です。