ガーデンルームでペットを飼育

犬猫やウサギ、チンチラなど、ちょっと大きめのペットを飼いたいけれど、家の中で飼うと、家が汚れてしまうといった方は、ガーデンルームを造るのをおすすめします。
ガーデンルームは、ペットを飼っている方におすすめのスペースです。

ガーデンルームは、土足で使えるように、床はウッドデッキかタイルを使用しています。
ペットのためのスペースとして、ガーデンルームを造る場合には、床は、ペットの排出物で汚れた時に、水で洗い流せるように、タイルを敷いておくのがおすすめです。
ガーデンルームの床の高さは、リビングなどと同じ高さにする家が多いですが、ガーデンルームを土足で使用する場合や、ペットを飼育すると最初からわかっている場合には、床が汚れた時に水を流すことを考えると、ガーデンルームの床の高さは、家の床の高さよりも若干低く設定しておくのがおすすめです。
そうしないと、ガーデンルームの床掃除のために、水を流した時に、水が家の床の方に流れてしまうからです。

ガーデンルームは、天井、壁面がすべて強化ガラスになるのですが、ペットが過ごす時に、ガーデンルーム内の換気ができるように、強化ガラスの上部に、風通しを良くする小窓を造っておくと便利です。
ガーデンルーム内に、手を洗うための洗面台や、電気のコンセントも必要です。
ペットを飼育するために使用しない場合でも、ガーデンルーム内で植物を育てる際には、水やりのために、水道水をわざわざ汲みに行く手間が省けます。
電気のコンセントがあると、ガーデンルーム内でバーベキューをしたり、夜にディナーを食べたり、家飲みをする際に、電気のコンセントがあると、電気をつけるだけでなく、冷温風機を使ったり、ラジカセで音楽を聴いたりと、何かと便利だからです。

ガーデンルームは温室みたいに夏場は高温になるので、ペットがガーデンルーム内で過ごすためには、冷風機を設置してあげましょう。
日陰で過ごせるスペースを確保してあげることも大事です。
ガーデンルーム内に、小さな小屋を置いてあげると、夜には落ち着いて眠ることができます。